【5つの自分力】5つの自分力ってなあに?(3)~人間関係力~

いつもブログを読んでいただきまして、
ありがとうございます
 
DSC_3906 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は城
人は石垣
人は堀

 

武田信玄の言葉です。

 

【意味】

領土を守るためには堅固な城や石垣が
必要になるが、それでも人の心が
離れてしまってはどうにもならない。

それ以上に必要なのは、組織力であり、
団結力である。

(しあわせ学び館より)

 

昔も今も、人と人との信頼関係は
大切なんですね

 

しかし、
自分のことだって
よくわからないのに、
人のことはなおさら
わからないし、

 

人間関係に煩わされるのは
めんどくさいし・・・

 

こんなことを思うことはありませんか?

 

そして、そうは言っても、
仕事でも家庭においてさえも、
人との関わりは避けては通れないし・・・

 

そう思うこともあると思います。

 

私が人間関係で八方塞がりになり、
仕事にも影響が出たことは
以前、お話しましたね

何故、5つの自分力なの?(8)~人間関係力~

 

そんな私が、
気持ちが変わり、
相手の顔を見て、
相手と話せるようになった
きっかけになった方法があります

 

【3つの方法】

1)マッチング
2)ミラーリング
3)バックトラッキング

です。

 

 想像してみてください。

あなたの前に、
向かい合っている人がいます

 

1)相手が右手を上げました。
  あなたも右手を上げました。

 ⇒これが「マッチング」です。

 

2)相手が右手を上げました。
  あなたは左手を上げました。

 ⇒これが「ミラーリング」です。
  鏡を見ているように、
  相手と同じことをすることです。

 

3)相手が「今日、お休みなんです。」と言い、
  あなたが、「今日、お休みなんですね。」
  と返しました。

 ⇒これが「バックトラッキング」です。
  おうむ返しで、相手と同じことを言うことです。
  全部、おうむ返しをする必要はありませんよ~(^^)
  一部だけ、ポイントだけで構いません。

  

  そして、これは、言葉だけでなく、
  動作、表情にも使います。
  

これだけのことなんですが、
この【3つの方法】は、
相手との距離が縮まる方法でも
あるんです

 

それは、
「人は自分と似たような人に
親近感がわく」という心理を
利用しています

 

「真似してる」と思われない程度に、
さりげなく使ってみてくださいね~

 

そして、もう1つ

 

「人間関係力」をより磨き、
自分が意識しなくても、
周囲の反応が変わってきて、
自分も人と関わりながら、
前向きに行動できる方法があるんですよね

 

それが、「影響言語」です。

 

言葉のメカニズム(スキル)を学ぶと、
自分にも相手にも
いい影響がでるんですよね

 

それでは~

 

■個人セッションはこちら■

■メルマガ登録はこちら■

自分未来設計図☆書き換えメール講座(無料)
  ⇒「自分」と「未来」に自信が持てなかった人が、
     自由で輝く未来を選択できる「自分」に変わる3つの方法とは?