【5つの自分力】5つの自分力ってなあに?(4)~直観力~

いつもブログを読んでいただきまして、

ありがとうございます
 
DSC_3903
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

質問です

 

あるテーマについて学ぶとき、

 

1)あなたは事実そのものと、
  今現在の利用法に興味がありますか?

 

2)それらを未来に応用するための
  アイディアや関連性に興味がありますか?

 

1)にYESと答えた方は、感覚型の人です。

 

2)にYESと答えた方は、直観型の人です。

 

 (出典:NLPタイムラインセラピー)

 

今日は、「5つの自分力」
「直観力」についてお伝えするですが、
「直観力」の「観」を、「感」と混同される方が
いらっしゃるので、最初にそちらの
お話からさせていただきますね

 

NLPでは、

 

直観型の人は、物事から別のひらめきを
思いつくタイプ。

 

感覚型の人は、物事の形をそのまま
感じるタイプ

 

として、区別しています。

 

タイプ分けすると、違いが想像できますかね?

 

直観型の「直観」とは、
一種のプロセスのことなのですが、

 

例えば、考えたり、行動するときに、
今、起きていることや事実から、
関連づけを行ったり、
具体的あるいは抽象的にとらえ、
新たな視点をもつこと言います。

 

「直感」は、今現在の感覚です。

 

以前のブログで、
「何故、5つの自分力の1つが
直観力なの?」ということを
書きましたが、

 

 

私は、「5つの自分力」を最終的には、
「目標、夢を自分で実現する力」にすることを
願っているんですよね

 

そして、その過程においては、
迷ったり、悩んだりすることって
多いと思います。

 

ともすると、視野が狭くなり、
「木を見て森を見ず」のような
状態に陥ってしまいます

 

そんなときに、「本質を観る力」があると、
新たな視点に気付くことができると
思っているんですよね

 

感覚だけを頼りにすると、
「その感覚はただの勘違いじゃないのか?」
と自信が持てないとき、

 

「直観力」では、
自分の感覚から発展させて、
考えたり、行動することができると
思っています

 

もちろん、自分の感覚に従うことは
大切ですし、それを信頼できている人は
素晴らしいです

 

しかし、自分の感覚に確信が持てず、
やみくもに動いてしまう人も
いらっしゃるのではないでしょうか。。。

 

では、「直観力」をどのように
鍛えていくのでしょうか?

 

「5つの自分力を身につける
フルセッション」では、

 

・五感を鍛える

 

・人のタイプ分けから本質を学ぶ

 

・制限を外すことによる意識改革

 

から始めていきます。

 

そして、おまけ(?)として、
自分の感覚を確信できるように、
インスピレーションを意識して、
自覚化できる方法も教えていきますね

 

そして、これらの内容は、
先の「人間関係力」にも影響しますし、
次の「解決力」へも繋がっていくんです

 

それでは、また明日~


■個人セッションはこちら■

■メルマガ登録はこちら■

自分未来設計図☆書き換えメール講座(無料)
  ⇒「自分」と「未来」に自信が持てなかった人が、
     自由で輝く未来を選択できる「自分」に変わる3つの方法とは?