「勝ち負け」の裏の裏

いつもブログを読んでいただきまして、
ありがとうございます


DSC_3914

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
浅草の六芸神

 

昨日のブログで、
「勝ち負け」について、お話しましたが、
今日は、それを裏の裏から見た
お話です

 

昨日のブログ(勝ち負けの前に・・・)はこちら

 

私たちが使っている言葉には、
相反する言葉がありますよね。

 

・勝ち負け

 

・光と闇

 

・陰と陽

 

・表と裏

 

:
:

 

例えば、「勝ち負け」について言えば、
「勝ち」があるから、「負け」があり、

 

そこには、「いい」「悪い」の意識が
隠れています。

 

「表と裏」も同様で、
「表」があるから、「裏」があり、
「いい」「悪い」という意味で
使われることがありますよね。

 

これらは、どちらの面も知ることによって、
人としての成長に繋がると思うのですが、

 

目標、夢の実現については、
ジャマをしていることがあります

 

そこには、裏を返すと、
「〇〇したくない」
「〇〇はいやだ」
などの、「悪い」意識が
隠れているからです

 

【表の意識・いい】 勝ちたい

 

【裏の意識・悪い】 負けたくない

 

ですね

 

なので、「ニュートラル」という言葉が
流行っている(?)のですが・・・(^^)

 

話を戻して・・・

 

そこで、今日は
目標や夢の実現に向けて、
「裏の裏」からのお話です

 

9ed050b8bce00e62e2ea8cac2e62cb85_s

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

先ほどの、

「勝ちたい」「負けたくない」ですが、

 

表を「勝ちたい」

 

裏を「負けたくない」

 

とすると、

 

「負けたくない」ことの裏には、
何が隠れていると思いますか?

 

何故、負けたくないのでしょうか?

 

「負けるが勝ち」という
ことわざがありますが、
負けてもいいのではないですか?

 

:
:

 

それはもしかしたら、過去、
負けて悔しい思いをしたのかもしれません。

 

「負けたらダメよ」と、
親に言われ続けてきたのかもしれません。

 

戦国時代のように、勝ち負けが
生きる術だった頃の記憶が
残っているのかもしれませんね。。。

 

そして、このように、
「負けたくない」というには
何かが隠れているんですよね

 

私たちは、あまり、
自分の裏を見たくないものです

 

ましてや、裏の裏なんて、とんでもない!!
と無意識に避けていることが多いのです

 

しかし、もしあなたが、
実現したい、叶えたい目標や夢があって、

 

「勝ちたい」という表だけをみたいのに、
何かがジャマをしていると感じていたら、

裏の裏を思い出してみてください。

 

すると、そこから思わぬギフトが
もらえるかもしれませんよ~

 

それでは~


■個人セッションはこちら■


■メルマガ登録はこちら■

自分未来設計図☆書き換えメール講座(無料)
  ⇒「自分」と「未来」に自信が持てなかった人が、
     自由で輝く未来を選択できる「自分」に変わる3つの方法とは?